HOME > CELESTRON > Omni XLT AZ80

Omni XLT AZ80

 

世界最大の望遠鏡メーカー「セレストロン」と日本総代理「サイトロンジャパン」が共同企画!
Omni XLT AZシリーズに「日本限定モデル」 Omni XLT AZ80 登場!

 


 

omnixltaz80_22.jpg

※クリックすると商品の全体画像が見れます。

bn001.png

 

初心者に最適!

組立簡単!操作性抜群!

 
気軽に天体観測を楽しめます。
これから天体観測を始めてみたい方におすすめの
スタンダードモデル!
 鏡筒はメタリックブルーカラー採用お洒落な
デザインの天体望遠鏡!
 

 


 

point03-003b.png

 

bn013.png

 

2つの付属のアイピースにより、月面のクレーター、土星の環、木星の縞模様や星雲・星団の観測が

楽しめます。

 

p003.jpg     p001.jpg     p002.jpg      p005.jpg

 

※天体の見え方はイメージです。

 

 

 

bn008.png

 

omnixltaz80_24.jpg   鏡筒を手で持ち上下左右に自由に動かせ、手を離すとその場で鏡筒が止まるフリーストップ式!お好きな場所へ向けられるとても便利な機能です。

 

omnixltaz80_25.jpg

 


2つの微動ハンドルで上下左右に動かすことができます。

ほんの僅かに動かせることで見たい天体を導入したり追跡したりすることができます。

 

 

omnixltaz80_29.jpg


約25㎝の長い微動ハンドルなので、アイピースを覗きながら微動ハンドルで微調整しやすくなっています。

 

 

 

bn007b.png

 

組み立てはとても簡単!少ない手順で組み立てられます!

① 梱包箱から三脚を取り出します(マウント部分は工場にて取付け済)。

② 三脚を開きます。

③ 梱包箱から鏡筒を取り出し、②の赤丸部分(溝)に鏡筒のプレートをスライドさせ取り付けます。

黒い固定ツマミを回して鏡筒を固定します。

④ マウント部分に収納されている六角レンチを取り出します。

⑤ 2つの微動ハンドルをマウント部分に差し込み、六角レンチを使って固定します。

最後に付属のアクセサリートレイを三脚開き止めへ取付ければ完成です!

ご購入後すぐに組み立て完了いたします。

 

omnixltaz80_30.jpg

 

 

 

bn009.png

 

omnixltaz80_26.jpg  

鏡筒、架台+三脚に分割できます。

それぞれが軽量設計なので持ち運びも楽々です。

車への積み込みにも便利です。

omnixltaz80_27.jpg

 

omnixltaz80_28.jpg


一式組み立てた状態でも、軽量設計により大人の男性でしたら問題なく持ち運びできます。

自宅のお庭やバルコニーで移動したい時に便利です。

 

この手軽さは、キャンプやアウトドアのお供に最適です!

 

 

 

 

bn011.png

 

omnixltaz80_23.jpg

 

 

三脚は軽量かつ安定性を重視した構造のアルミ三脚を採用。

天体望遠鏡の脚元をしっかりと支えます。

また伸縮式ですので、お好みの高さに調整が可能です。

軽量なので可搬性にも優れています。

 

 

三脚の開き止め部分にアクセサリートレイを用意しています。アイピースやアクセサリーなどを置けます。夜間の天体観測時に便利です。

 

omnixltaz80_17b.jpg

 



bn010.png

 

サイトロンジャパンは、米国セレストロン社より日本正規総代理として認められた唯一の企業です。

弊社で輸入販売を行っている正規輸入品には「日本語取扱説明書」、「保証期間2年の日本語国内

保証書」が付属します。また、お買い上げいただいたユーザー様に対しての万全のアフターフォロー

を行っています。

 

 


 

 

point02-004b.png

 

ハイクオリティな光学系

 

レンズに最上級の光学ガラスを採用した屈折式鏡筒。

セレストロン独自の透過率を上げる特殊加工コーティング【スターブライトXLTコーティング】により格段に明るく観やすくなっています。

omnixltaz80_11.jpg

 

レンズ口径80mm(8センチ)なので肉眼に比べて集光力131倍を実現!

集光力131倍で肉眼では見えない星雲や星団も観測可能です。さらに極限等級は12.0で12等星までの天体を見ることができます。

 

 

omnixltaz80_12b.jpg

Omni XLT AZ80鏡筒の焦点距離は900mm。付属のアイピース「スーパープローセル20mmでは45倍」、「スーパープローセル6mm

では150倍」で観測でき月のクレーターはもちろん土星の輪や木星の縞模様など観測可能です。

アイピース取付け口は、全世界共通規格31.7mm径(アメリカンサイズ)ですから、別売のアイピースを取り付けることで、別の倍率

を楽しめます。

 

☆ヒント:倍率の求め方(計算式)☆

天体望遠鏡の倍率=鏡筒の焦点距離÷アイピースの焦点距離

(例:Omni XLT AZ80鏡筒の焦点距離900mm÷アイピース20mm=45倍)

 

通常、口径をmmで表した数の2倍までが最高倍率と言われています。Omni XLT AZ80の口径は80mmですので、80×2=160倍と

なります。土星や木星の観測には70〜150倍が必要ですので、最適な口径・焦点距離の天体望遠鏡です。

 

 

月のクレーターにはそれぞれ名前があるのを知っていますか?木星には縞模様だけでなく周りに浮遊する衛星も観えたり、

土星の輪は時期によって輪の幅が違います。アンドロメダ星雲は星々が集合していて幻想的です。

 

p001.jpg     p002.jpg     p003.jpg     p005.jpg

 

※見え方はイメージです。

 

 

組立は簡単!特別な工具は不要です。

 

工場出荷時に、Omni XLT AZマウントには既に三脚が取付けられていますので、セッティングは簡単に行えます。

(下写真参照)

omnixltaz80_18.jpg

 

※三脚を広げた状態

omnixltaz80_19.jpg

 

 

鏡筒の取付け・取り外しが簡単!

三脚を広げたら鏡筒のドブテールバーをアリミゾ部にスライドしてネジを手で回して取り付けるのみ。

つまり、鏡筒取付けネジ一つで鏡筒の着脱が可能なので収納・保管する際や持ち運ぶ際にも便利です。

omnixltaz80_02.jpg

 

微動ハンドルを取り付けるための六角レンチはマウント部分に収納されています。

omnixltaz80_03.jpg

 

 

煩わしい架台の操作不要!手で好きな所に動かすだけのフリーストップ仕様!

 

フリーストップ式なので好きな位置まで上下方向や水平方向へ自由に動かすことができ、手を離すとその場で鏡筒も止まるので

架台の操作に慣れない方にも最適です!あなたの見たい天体の大まかな方向へ向ける際にフリーストップ式が威力を発揮します。

その後、微動ハンドルにより調整し導入、追尾していきます。

 

omnixltaz80_15.jpg

 

 

長い微動ハンドルが付属!視野から消えないように微調整が可能!

 

地球は1日に1回転します。つまり空が一日に約360度回転していることになります。1時間だと15度、1分間だと0.25度「空」が動いて

います。高倍率で数億キロの先の惑星を見ているので、惑星に見とれているとあっという間に視野(アイピースで覗いた時の視野)から

見えなくなってしまいます。しかし、手で無理やり鏡筒を動かすと、ほんの近くにあった惑星からどんどん離れて行って、また1から

探し直し・・・なんてことがよくあります。

 

以下は望遠鏡で木星を観測している時の見え方。

地球の自転により高倍率でみていると惑星は数十秒で移動して視野から消えてしまいます。

 

omnixltaz80_07.jpg

 

※見え方はイメージです。

 

そこで標準装備の微動ハンドルを回すと鏡筒を上下左右に動かすことができます。その動作はほんのわずかな動きですが

このほんのわずかな微動で天体を追跡したり、見失った天体をすぐに見つける事が出来ます。

omnixltaz80_08.jpg

 

約25㎝の長い微動ハンドルなので、アイピースを覗きながら微動ハンドルで微調整しやすくなっています。

omnixltaz80_29.jpg

 

 

マウントアームの角度調整が可能!

 

別売りの六角レンチを使用することでマウントのアームの位置を調整できます。

地上観察の際はアームを真っ直ぐにすることで鏡筒の稼働範囲も変わります。

天頂ミラー付属(上下正立・左右反転)なので夜だけでなく昼間も楽しむ事が出来ます。

omnixltaz80_14.jpg

※見え方はイメージです。

 

 

光学式6×30倍ファインダー

 

見やすい倍率6倍、口径30mmの光学式ファインダーを採用!

あなたの見たい天体を簡単に鏡筒の視野内に導入できます。

 

通常、ファインダーと鏡筒が同じ方法を向くようにファインダー脚に用意されている2つの調整ネジで予め光軸調整を行っておきます。

鏡筒は倍率が高く夜間の天体観測ではどこを見ているか分かりにくい為、光軸調整をすることで低倍率のファインダーで見たものが

鏡筒でも同じものを見ているようになります。つまり、ファインダーによって、あなたの見たい天体を簡単に鏡筒に導入できます。

omnixltaz80_04.jpg

 

倍率6倍、口径30mmの光学式ファインダーは、覗くと上下が反転します。

視野の中に十字線が入っているので、対象物を十字線の中心(交差点)に入れます。

中心に入っていればアイピースで覗いた時にファインダーで覗いたものが大きく映しだされます。

ファインダーを覗くと十字線が見えます。この十字線が交差するところに観察対象(惑星、月、星等)を入れます。

omnixltaz80_05.jpg

 

ファインダー視野内の十字線に観察対象を入れたあとは、アイピースを覗いてください。

肉眼では丸い月はクレーターでボコボコした表面が確認でき、点にしか見えない惑星は縞模様や、輪などが見えるようになります。

omnixltaz80_06.jpg

 

 

軽量アルミ三脚とアクセサリートレイ

 

脚部には軽量かつしっかりとした設計構造のアルミ三脚を採用。

また伸縮式ですので、お好みの高さに調整が可能です。

軽量なので可搬性にも優れています。

 

omnixltaz80_16.jpg

 

 

三脚の開き止め部分にアクセサリートレイを用意しています。

アイピースやアクセサリーなどを置けます。夜間の天体観測時に便利です。

omnixltaz80_17.jpg

 

 

主な仕様

光学系:屈折式望遠鏡

口径:80mm

焦点距離:900mm

口径比(F値):F11.25

コーティング:スターブライトXLTコーティング

付属アイピース:20mm(45倍)、6mm(150倍)

ファインダー:6X30

集光力:131x

極限等級:12.0

マウント:フリーストップ式・全周微動付き経緯台

三脚:伸縮式、材質:アルミニウム

重量:5.93Kg