HOME > INFORMATION一覧 > (定員に達したため受付を終了しました)サイトロンジャパン天体写真講習会開催のお知らせ

(定員に達したため受付を終了しました)サイトロンジャパン天体写真講習会開催のお知らせ

 

※定員に達したため、受付を終了しました。お申込みありがとうございました。

 

株式会社サイトロンジャパンは、2019年2月17日(日)に天体写真講習会を開催いたします。

 

■開催概要

テーマ : 「都会の夜空でデジタルカメラを使って散光星雲を撮影する」

              ~QBPフィルターを使った都市部での星雲撮影と画像処理~

 

日時 : 2019年2月17日(日)13時~16時

(内容により終了時間が前後する場合がございます)

 

受講料:4,860円(税込)
※当日受付にて徴収致します。

 

定員 : 20人

 

講師 : 根本泰人氏

20190217seminar_profile.jpg

~プロフィール~

根本泰人(ねもとやすひと)

1959年東京都に生まれる。東京大学農学部卒。農学修士。

デジタルカメラのHKIR改造を行う有限会社ハヤタ・カメララボ取締役。気象予報士。

天体観測および天体写真撮影は中学生の頃から。主な著作は「メシエ天体アルバム」(アストロアーツ)、

「世界ヴィンテージカメラ大全」(東京書籍)など。

 

講習内容:
・QBPフィルターの紹介
・QBPフィルターを使用した撮影方法
・画像処理の基本的なプロセス
・ソフトウェアの使い方

対象:
ガイド撮影システムを運用して撮影ができ、画像処理ソフト(Photoshop)をある程度操作できるレベルの方。
※Photoshopや海外の有料ソフトなどを使用しての画像処理を紹介することに主眼を置いた内容です。実技の講座ではありません。

 

※講習内容は都合により変更されることがあります。
※ノートPCの持ち込みは自由ですが、電源はご自身でご用意ください。
※動画の撮影はご遠慮ください。

 

~根本泰人先生からのコメント~

光害のまっただ中、北極星がようやく視認できるかどうかという最悪の環境下でも、QBPフィルターを使用することで、天体用改造済みの

デジタルカメラを使って散光星雲などの撮影がかなりの程度できるようになりました。やはり光害のない空での撮影した画像と比べれば

見劣りしますが、それでも撮影対象によっては鑑賞作品にできるレベルの写り方です。いままではナローバンドと呼ばれる狭帯域の蒸着

フィルターとモノクロ冷却CCD/CMOS カメラを使用することでしか撮影が困難でした。
この講座では、一般的なデジタルカメラ(ただし天体用改造済み)を使用して都会の夜空で散光星雲を撮影するというテーマで、機材の

選び方、撮影方法のポイントそして画像処理の考え方やその処理方法の一例をご紹介いたします。

 

場所:サイトロンジャパン本社ビル2F(地図)
sightron_syumitto_map.gif
※弊社には駐車場がございません。周辺にも有料駐車場が少ないため、ご来社の際は公共交通機関のご利用をお願いいたします。

 

※定員に達したため、受付を終了しました。

 

 

※本件についてのお問い合わせ先

株式会社サイトロンジャパン

国内営業部ストア課シュミット

03-6908-3112

 

 

 

  • 趣味人 -シュミット- デジタルアストロンショップ
  • 官公庁・自衛隊・消防関係のお客様
  • PULSAR
  • ATN
  • skywatcher
  • 日本望遠鏡工業会